理容 しずおかWeb

 県連教育部事業部中部会西部会講師会女性部青年部                 
     東部会からのお知らせ


    支 部 講 習 会

 沼津支部では11月30日(月)労政会館に於いて、小杉英起県講師をお迎えし

メンズカット・経営の講習会を開催しました。

メンズカットは2つの作品をお願いしました。

 1つ目はセニングシザーズでベースカット、量感調整、スライドカットで毛束感を

出したミディアムレーヤースタイル。

 2つ目の作品は若い世代に好まれる抉るように刈り上げたソフトモヒカンスタイルで

2つの作品共、セニングシザーズを器用に使いこなしていました。

とても簡単で早くでき上がり営業に取り入れやすいカット技法であると感心しました。

お客様も手入れがしやすく、再現性もすばらしいと思います。

 経営では、小杉講師店の経営の実際ということでお話をしていただきました。

増収を図るためにワンコイン(500円)のメニュー「快眠マッサージ・頭皮マッサージ・耳そうじ」を

設定し、お客さまにとってお得感を出している。駐車場にはたくさんな数の“のぼり”で

メニューを視覚的に訴えています。レディースシェービングも女性客に優待カード等でアピールしています。

いかに失業率を低下させるか常にしっかり考え、実行しているしていることに感服しました。

 デフレスパイラルに負けない技術力や提案力を身に付け、来店サイクルの短縮や新規客の

獲得、客単位のアップ等、低料金との差別化をはかり、きびしい時代だからこそ攻めの経営が

必要であると教えていただきました。

受講者の皆さん真摯な態度で聞き入っていました、大変参考になりました。

有意義な時間をありがとうございました。


 
        教育部     斉藤 公治



               課外授業報告
実施日 : 平成21年10月26日  午前10時30分〜12時10分
実施場所 : 伊豆の国市立  長岡小学校 集会室
参加者 : 荻澤東部会副会長 ・ 庄司三島支部長 ・ 芦川東部会青年部長 ・ 岡谷県連講師
       澤木県連講師 ・ 本間三島副支部長 ・ 鈴木健二三島副支部長 ・ 大村富士支部教育部長
       望月富士支部青年部 ・ 石原富士支部青年部 ・ 高野瀬富士支部青年部 
       夏目南田方青年部 ・ 松雄伊豆長岡青年部 ・鈴木俊哉三島支部 
       庄司奈々子三島支部 ・ 中山かずお三島支部

対象生徒 : 長岡小学校5年生  114名
課外授業内容
   (1)理容店(師)の仕事について話を聞こう。
   (2)プロの仕事(技術)を見よう。
   (3)実際に体験してみよう。
   (4)まとめ、質疑応答、感想


    
               課外授業東部会プロジェクトチーム&校長先生

    
                 長岡南小学校  5年生  114名  

    
                 理容師(業)の仕事についての全般的な説明 

    
                 プロの仕事を見よう! 県連講師のデモスト      

    
                    ワインディング部門

    
                     ワンレングスカット部門 
 
    
                       刈り上げカット部門



    
                           質疑応答・感想

 《生徒さんの感想

・見ているときは簡単そうに思えたが、実際にやってみると、とても難しかった。

・鋏が良く切れるのにはびっくりした。

・櫛の使い方が難しかった。特にワインディングのリングコームは難しかった。

・自分でカットした後に櫛で梳かしたら「上手だね」と誉められ嬉しかった。

・ワインディングで毛束を指で挟み、ペーパーを添えるのが難しかった。 


 《生徒さんからの質問》               

・毎日お店で仕事をしていて、楽しいこと・嬉しいこと・大変なことはなんですか?

・カット、パーマ技術が出来るようになるには、どの位の月日が必要ですか?

・お客様の耳などを切ってしまった時の処置はどのようにしますか?

・ハサミの値段はいくら位するのですか?

・ハサミはどのくらいの数持っていますか? 

・一日にやるお客様の人数はどのくらいですか?

・一日に最高できるお客様の人数は?

・理容師になるにはどうしたら良いですか?


※以上のような質問を荻澤東部会副会長と庄司三島支部長が受けて、担当者全員に指名して
答えてもらいました。

 



         理容ボランティアの日
平成二十一年十月五日(月)

御殿場にあります社会福祉法人武蔵野会さくら学園は、知的障害を持つ十八歳以上の方が、

社会に参加することを学ぶ施設で、160名の利用者が暮らしています。

今年は50人のヘアー・カットをしに去年に引き続き行ってきました。

暮らしているみなさん元気で明るく、一人一人が豊かな人生をおくっているようです。

カットをしながら私達もいつのまにか元気をたくさんもらって、みなさんのヘアーを綺麗にカットする事が出来ました。

私達の仕事がこのようにお役立てでき参加して、良かったと思います。

                                      御殿場理容組合  広報部長 長澤吉章

 




       東部会3回講習を終えて

 教育部長を引き受けて初めての3回講習。大勢の受講者が来てくれるかきたいと不安の入り混じった

数週間を過ごし、第1回目本番突入!天気最高!でもこういう日は講習よりもお出かけ日和で少し心配?

ところがところが、その心配を打ち消してくれるような出足快調にまずは「ホッ」。

これも前教育部長さん始め、役員の先生方のご協力の賜物と感謝。他の部会の事は知りませんが、

我が東部会の特徴として女性の受講生、それも高齢(失礼)の方々の熱心な事、本当に頭が下がります。

何年か前の100人を超す受講者には遠く及びませんが、こういう方々に支えられて東部会の講習も

続けてこられたのかも・・・・。これからもこの日は決して消してはならないと、改めて自分に言い聞かせた

次第です。 今、世の中不景気風が吹き荒れ、一部では沈静化してきたなどと言っていますが、安店の

乱立に始まり組合員の減少が追い打ちを掛け、理容学校の存続さえも危ぶまれる昨今、就業者(店主)

の全国平均年齢59歳が全てを物語っているような気がします。でも皆さんそんな状況でも非観しないで

下さい。「プ○○ジュ」も「Q○ハウス」も内情は苦しいのです。

 ある全国紙の新聞の記事にこんな事が出ていました。国会の中にある理容店店主のお話で、お客さんは

元総理大臣経験者や現職閣僚それに野党党首など大物議員がずらりだだそうです。その先生方も一歩お店

に入れば、国会の論争は何処へ行ってしまったかの様な表情でたかいびきzzzz, 先生方お疲れのようで・・・

新しい技術、ニューヘアーの勉強会も大事ですが、この記事を読んで私達の仕事の原点を知らされたような

気がしました。

                            東部会   佐野英治