理容 しずおかWeb    理容相談室

 県連教育部事業部東部会中部会西部会女性部青年部                 
     
講師会からのお知ら
   


       

    

    



     学生職業体験マニュアル

1.職場体験 店舗側の心構え
 学生は、従業員ではありません。理容業に入る前に業の良い悪いを判断するために体験に来ています。
実際の店舗を体験することで、より確実な判断をしようとしています。
仕事のありのままを見せる事が肝心です。
 また、職場体験をする学生は、将来的な展望の下に体験する店舗を選択している訳ではありません。
むしろ現在の学生の状況によって、都合のよいところ(家に近い・バイト先に近い・楽そう)を選択します。
「この店はちゃんとした仕事を教えてくれそう」等の高い理想で選択しているとは限りません。
この点をよく把握して、きちんとしたスケジュールのもと、できるだけ色々な体験をさせて
挙げられればよいと思います。

2.スケジュール
  1週間前   担当の教員に連絡、ご挨拶等
  前日までに 体験希望者に連絡、体験日について、出社時間・持ち物等の確認
  当日     出退勤の時間、休憩場所、ユニフォーム、持ち物置場等の確認
          退勤時、体験希望者の忘れ物等の確認
  翌日     体験希望者・担当教員への連絡、お礼、評価の作成

3.行動の指標(一例)
  一日体験の場合
         午前中 仕事についてのお話、挨拶・電話応対・バックヤード等
         午 後 仕事の見学、ウイッグ等での体験、感想等の作成
  複数日体験の場合
    1日目 午前中 仕事についてのお話、挨拶、電話応対の仕方と実践
         午 後 仕事の見学、バックヤード・助手等体験
    2日目 午前中 理容師になるには?(お話)、仕事の見学
         午 後 ウイッグ等での体験
    3日目 午前中 道具について(お話)、快感技術体験(モデル)
         午 後 ウイッグ等での体験 感想等の作成
  休日を利用した体験
         午前中 仕事についての話、快感技術体験(モデル)
         午 後  ウイッグ等での体験 感想等の作成

4.体験の内容
〔基本編〕
@ あいさつ  
はきはきと元気よく いらっしゃいませ、ありがとうございました、
恐れいります、申し訳ございません、など

A 電話の応対のしかた
  お電話ありがとうございます。ヘアサロン○○○でございます

B はさみ、くし、レーザー等の消毒のしかた           保健所の指導方法で
C タオル、スチームタオルの扱い方、洗濯方法、たたみかた 各店のやり方で
D 床はき、窓ふきのやり方                     各店のやり方で
E お茶、コーヒーの出し方                     各店のやり方で 
F 仕事を立って見ている時の姿勢                ふくらはぎを伸ばす意識をすると理想                                                の立ち姿になる


〔技術編〕 
注(ウイックは理美容学校に行けば、美容科の使ったものを頂ける場合があります)

@シェービング  レザーの持ち方からラザーリング、シェービングまでをウイックで実技指導
Aワイディング  ブロッキングをして、スライスをとり実技指導
Bカッティング  空ばさみから指間刈り、すくい刈り、クリッパーでモヒカン
Cセッティング、ブロー 
          スケルトン、デンマンブラシなどを用いドライヤーセット
          その後スタイリング剤をつけセッティング


〔体験編〕
@シェービング体験 (女の子は特に) 
Aセット体験 男の子にはワックス、女の子にはヘアアイロンでセットしてあげる 


〔講座編〕 
オーナー、奥様、スタッフの話
自分の体験談、理容の素晴らしさを伝える 








       講師会講習「バリアート」
  コメント
    「直線と曲線の細かい表現の仕方やバリアート用のバリカンの正しい使いかtなど、
    まるで彫刻を彫っていくようなバリアートの奥の深さを知りました。講師としてバリアートを
    教えていく上で、とても意味のある講習会だったと思います。」

                                   県講師会 富士支部  沢木 孝行








静岡県理容組合 講師会が理容相談室を開設しました。

組合員ご子息の進路のことや、その他お気軽にご相談ください。

理容師を目指していられる方もお気軽にご相談ください。

           理容相談室はこちらから



2009年7月21日     講習会開催時の諸手続きについて


 皆さんで楽しく、技術や経営などの勉強をしませんか!

講師会は、全力でみなさんのやる気に応えます!!

       講師会への申し込みはカンタン♪

以下の要領で申し込むだけ。是非、お気軽にご依頼ください。



         講習会申込・開催の流れ

@企画、日程等 希望の科目(又は、希望の講師)が決まりましたら、


A県組合事務所へ連絡し希望の科目に適任の講師の紹介を受ける。
 または、希望の講師が決まっていれば直接Bへ


B講師への連絡、希望の日程の確認調整、希望科目の伝達
 講師との日程の折り合いがついたら


C県組合事務所へ講習会申し込み手続き


D手続き完了次第、県組合事務所より書類が届きます。
 講師への講習料・交通費などの詳細も同封されてきます。


Eいざ、講習会開催


F Dで届いた書類に記された講習料・交通費を講師にお渡し下さい。
 (遠隔地講習などの特別な場合を除き、各支部にてご負担いただきます。)


注 : 講師個人への講習料・交通費の値段交渉はご遠慮下さい。


※講習料
 ○休日昼間¥12,000       ○夜間¥18,000
 ○その他、雑費(ウィッグ代、薬剤費、コピー代等)別途
 ○交通費 県組合規定により算出



尚、講師会各講師は、上記組合規定の講習料以外はいかなる場合もいただいておりません。
講師は個人の営利を目的としておらず、後進の育成、各組合員の技術、知識の向上の為、
各講師が日々努力し、習得した技術、知識を惜しみなく伝達させていただき、理容業発展の為
微力ではありますが、尽力させていただいております。
これからも、宜しくお願い申し上げます。
 また、講習は、格個店舗、グループ単位での依頼も受け付けております。
お気軽にお申し付けください。

                         このページのトップへ