記事一覧

90年代のスピードマスターの魅力に迫る

「記録は破られるためにある、私は常にそう思ってきた」 -ミハエル・シューマッハ

90年代ウィークへようこそ。この特集では直近10年間で最も魅力的な(そして最も過小評価されている)時計と、20世紀末を特徴付けたトレンドとイノベーションを再考していく。ダイヤルアップ接続を行い、クリスタルペプシ(無色透明のコーラ)を用意だ。

スピードマスター リデュースドは、これまでにない少しオフセンターのレイアウトと好みの分かれる自動巻きムーブメントで酷評されている。長いあいだ(私も含めて)コレクターに無視されてきたため、比較的安価に手に入れることができた。私は、どうせスピードマスターを買うなら、プロフェッショナルモデルがいいと思っていた。

オメガ スピードマスター オートマティック 3534.71新品メンズ

品名 スピードマスター オートマティック
SPEED-MASTER AUTOMATIC
型番 3534.71
素材 ケース ステンレススチール
ベルト ステンレススチール
ダイアルカラー ホワイト
ムーブメント 自動巻き
防水性能 100m防水
サイズ ケース:38.5 mm(リューズ除く)
メンズサイズ
ガラス サファイヤクリスタル風防
仕様 クロノグラフ
付属品 オメガ純正箱付・国際保証書付

しかし、同オメガ スーパーコピースピードマスターシリーズのなかで、いつも私の目を引くものがあった。それは、F1界の伝説的存在であるミハエル・シューマッハに関連したモデルだ。シューマッハが参加したスピードマスター リデュースドは何十種類も作られ、そのどれもが少なくともひとつは派手か面白い、時にはその両方を兼ね備えたデザインディテールを誇っている。

ケースは通常のプロフェッショナルモデルの42mmから39mmに小型化されているが、オメガはこのシューマッハ・スピーディーたちのために個性を11倍くらい発揮している。これほどまでに偉大で伝説的な人物には、優れた時計がふさわしいのだ。

以下は、史上最も偉大なF1ドライバーのひとりにちなんだ、90年代のスピードマスター リデュースドの4リファレンスである。シューマッハとのつながりがなくても、これらの時計は視覚的に魅力的であり、忘れ去られたスピードマスターの輝かしい時代を表現している。そして、このモデルの最大の魅力といえば、価格が高すぎないこと。3000ドルから4500ドル(40万円〜60万円)の範囲内でこれらの時計を見つけることができるのだ。